クラマスを代行してみると結構大変です・・・



気になるあの人も、昔からの仲間も、基本はみんなクランに入っているんです。メンタルゴミなんで、強引な引き抜きみたいなことをして、相手側から不興を買うのも嫌だしなー

ってことで無名クランの方やクランが機能していなさそうなところ(クラトラをしていない or クリアできない、クラマスとエースが3日以上、インしているメンバーが少ない)にいる良さそうな方を探していますが、野良でめぼしい方を見つけてもいきなりDMする勇気なんてありません。


その都度増えるお気に入り。でもお気にいりの数には限界があるので・・・

9BBCAF5B-50AB-4BDC-A814-A426A083A068
 
まずはお気にいりにできる数を増やすためにフレンドを増やそうクエストをやりはじめました。だいぶ迷走しております。これ、一気に5枠も増えるんですね! 感動しました←





先輩クラマスのやんやんさんからは色々な助言を頂いております。まずはアンテナをはることとのこと。

確かにやんやん氏の「〇〇がクランを抜けたいらしい」みたいな話や「〇〇ってクランが解散する」といった話に対する情報の早さはすごいです。〇〇はどうかね? みたいなオススメもしてくれました。自分のところもクラメン探しているのにありがたいことですね。

実際野良であった良さげな無名クランの方が次の日にはクランに入っていたなんて言うのも目にしてますから、情報は武器。その情報をいかにして獲得するのかを考えるのもクラマスのお仕事といったところでしょうか。

まあ、開き直ってガンガン声をかけるのもありだとは思うんですけどね。ボクはそれはちょっとできそうにないので・・・ だって知り合い無駄に多いもの。どこで誰がどうつながってるかもわからないんですから、怖くて声なんかかけられません。

声をかけるタイプの人達はその後のマネジメント力すごすぎませんか? 尊敬します・・・




まあ・・・ とりあえずボクは日々増えていく「お気に入り」の方々に声をかけるところから始めたいと思います。ほんと話したことない人ばかりなのでこれから声をかけることがあっても冷たくしないでくださいね・・・ スパっと断ってくれてもぜんぜんOKですので←


クラマス代行になるまではここまで色々なことに気を配ってなかったなーっと思うとともに、世のクラマスさん達ってすごい頑張ってるんだねと思った次第です。みなさんも自クランのマスターさんに少し優しくしてあげてくださいね。意外と頑張ってくれてますよ(多分)